AX

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

お小遣いやマイル稼ぎにmoppy

【電子マネー】
nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント

【ギフト券】
iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど


▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スケート観戦観賞の手配などに!








オススメ本

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

来年のNHK杯開催地は?

0
    代々木体育館とアナウンスされました!




    '07NHK杯・男子FS

    0
      トップ3は素晴らしい出来でしたね〜
      大輔くんとクワドを決めてSP&FSを初めて(爆)揃えたTomasにスタオベ続出(^^)

       中庭くんと南里くんの演技には目頭がアツクなりました!

      試合が引き締まる演技をありがとう!

       只今大輔くんに対してインタビュー中です〜〜

      '07NHK杯・女子FS

      0
         現地からは書く気力はありませんでしたし、記にする気力もないので全体所感だけでも(^^;;。

         まずは選手の皆様、本当にお疲れ様でした!

         ・優勝したカロリーナ、場内インタビューでかなり可愛らしかったですし、地元イタリア開催であるだけに、特別な思いがあったかと思います。
         
         ・場内インタビューでの奈也ちゃん、演技終了後に嬉し涙が出たほどに良かっただけにおいしい牛タン食べられる〜とのことでしたが、表彰台にあがったことで取材を受ける数が増えたことでしょうし、無事に食べられたのでしょうか(^^;?
         他の上位選手と違って大きなプレッシャーがなかったことも大きかったことでしょうが、SP&FS通して唯一安心して観る事ができたのも確かでしたし、全日本に向けていいモチベーションになりそうですね(^^)。

         試合展開としてはほろ苦さが残るようなスッキリとしたモノではありませんでしたが、ミスした後での場内での観客の拍手は「少しでもいい演技が観たい!!」気持ちの表れだと思えました。
         特に美姫ちゃんの後のカロリーナに対しては「何でもいいから決めて欲しい!」の気持ちのみでしたし、自爆らなかっただけでもありがたいほどでしたもの。
         
         美姫ちゃんは・・・個人的にはどの選手よりも楽観視することが出来ないだけに、今回は3季前の荒川さんを観ている様な、あるいは2季前の五輪代表選考時以上に観ている方が辛くなりそうなほどでしたが、今は全日本も不安が尽きないのが否めませんが、それまでの期間が短くとも上手く調整して欲しい気持ちのみです。

         残るのは男子FS。
         フランスでのTomasを観ているだけに本命(=大輔くん)に対抗する選手が思い浮かばないところでしたが、Tomasが本領を発揮して名乗りを上げてくれただけでなく、各選手たちが盛り上げていたので、FSもその調子で行って欲しいです。
         怪我などハプニングがないのは勿論ですが、SPが各選手良すぎて自爆大会の心配も脳内をかすめますが、長所など持ち味をアピールしまくるほどの自慢大会になってほしいところです。




        '07NHK杯・FD【PC追記修正有】

        0
           全カップルは書けそうにないですが…

          リード姉弟はプログラムこそ昨季と同じですが、動きも出来も前半の中で一番良かったですね(^^)。

           中国組は・・・スイマセン、8年前のリタヴァナが脳内演技していましたm(_ _)m。
           
           ロシア組のパイレーツ、格闘シーンから始めるOpeningは悪くなかったけれど、う〜〜ん。

           ウクライナ組は見せ所がLiftぐらいなので、そこでミスると痛いですね・・・

           キンバリーたちは、ODが絶大なインパクトがあっただけにFDは昨季同様薄味な印象。

           後半は地味か派手か衣装が真っ二つに分かれましたね(笑)。

           フレイザーたち、意外にもいうのは失礼ながらも『Time to say Good-Bye』でのPGは良かったと思いましたし、ターンがキレイに揃っていたのを初めて観たかも(^^;。

           ケア姉弟、4季前のマトリックスを思い出すような独特あふれる世界でしたね〜
           髪をシルバーに染めてくるなど凝っています!

          ヤナたちはフィニッシュでコケてしまいましたが、実際にフランスより迫力がなかったかも(^^;?
           衣装はセルゲイのシースルーな部分にはヒラヒラが追加していたようなで露出が目立たない印象でした。

          テッサたちは自然に涙が零れたほど最後の1分は涙がとまりませんでした。

          イザベルたちはフランスよりはずっと良かったですが、もしかしたらプログラムの改良が必要なのかもしれません(^^;。
           せめて動きが良くなれば・・・でも国内選手権を控えている中での来日に感謝!!

          ダンスも満足度の高いカテゴリーでした!

          '07NHK杯・男子SP後半

          0
             中庭くん、フランスと似たり寄ったりの出来だったようなでも調整が出来ている印象。

            アンドレイ、スイマセン、眠気が起きていましたが、昨年よりは踊れていたと思います。

            ダビトフ、3+3のセカンドが両足着氷でしたが地味に光る演技でした。

            キャリエール、細かいミスはありましたが、ギター演奏の音を大事にプログラムがナイスでした(^^)。

            Tomas、パリとは良い意味で別人でしたが、FSで自爆がないことを祈りたいです(^^;

            大輔くん、3+3は安定していましたが、アクセルが乱れてしまいましたね(^^;

            なかなかレベルが高くて順位予想はしないでおきますが大激戦ですね!

            FSもこの調子で〜

            '07NHK杯・男子SP前半

            0
               Vaughn、アクセルが勿体なかったけれどもスケート自体は昨年スケカナで観たときよりも良かったです(^^)。

              南里くん、シンプルに素晴らしい出来でした(^^)。うれし涙が零れました〜

              チェンジャン、4+2が決まるなど終わったご本人がガッツポーズを何度も見せるなど嬉しさを爆発させていました(^^)FSは順位よりもまたご本人が満足出来る演技が観たいです!

              アボットくん、唯一の不出来だったのかも(泣)。
               でもカート振付のプログラムはナイスでサーキュラーなど随所にカートらしいテイストがありました。スピンの軸がブレていなかったのも目を惹きました。

              ショーンくん、女子シングルに転向させたいほどの股関節の柔らかさを生かした演技でした。

              ドブリンの『火の鳥』、羽生くんが脳内で演技していましたほどスピードがなかったもののクワドは決めていましたよね?

              '07NHK杯・本番前の会場

              0
                 ・舞ちゃんが体調不良でFS欠場。

                ・貼られているバナーの数が今日は一気に増えましたがジャッジ反対側には貼れないとのことでした。
                 それにしても大輔くんバナーが圧倒的に多く両手の指では数え切れません(笑)。




                '07NHK杯・女子SP

                0
                   地上波放映されていたこともあり、携帯からモブログしないで観戦に集中していました。

                   彩華ちゃん、昨年と同じ『ラ・コンパルシータ』で、難易度こそ高くないもののほぼノーミスでしたし、ペアが消化不良だっただけにかなりスッキリできました。
                   タンゴの雰囲気も昨年よりも出せていた印象です。

                   レスリー、『ムーンリバー』でコンボが2+2になってしまい、ソロもオーバーターン気味でしたが、難しいPGであって曲にマッチしていたと思います。

                   Yanちゃん、衣装とPGがちょっと微妙なのはさておき、出来自体は良かったです!

                   舞ちゃん、地上波放映の生中継にあわせたのか氷上でちょっと待たされたような。
                   Jumpがダブルばかりであったことよりも目が充血していたような、体調が優れているとは到底思えない演技でした(泣)。

                   ラウラちゃん、ウォームアップでは3+3を決めていたものの、本番は3+2。
                   それでも滑りのよさが存分に出ていた演技に感服しました!
                   しかし風貌だけでなくタイムオーバーギリギリなのもスザンナに似なくても(^^;;。

                   奈也ちゃん、タンゲーラは東京ブロックでもTVで観たスケカナでも安定していましたが、今回は更に素晴らしい出来でしたね(^^)。
                   彼女の演技を見終わった時点で「おいしいアルコールが飲める」と思えました(笑)。
                   FSでも期待していますし今回の日本女子3選手の中では1番安心して観る事ができそうです。

                   Elene、キャバレーでのPGはいいですね〜
                   Skaitngも振りと両方上手い選手でないと出来ないPGですよ!!!
                   反対に言えばジャッジ側からでないと観るのに厳しいかもしれません(^^;;。
                   ウォームアップでのJumpの着氷が微妙ながらも、本番は転倒もあったけれども終始Speedが落ちませんでした。

                   アリッサの白鳥も大アタリで、衣装もステキですし彼女のためにあるPGともいえます!
                   Spinに関してはここで書くまでもないほど素晴らしすぎますし、Jumpもランディングが流れるほどキレイに着氷していましたしで(回転不足なところもあるかもしれませんが)、今までのPGの中でも1番好きかも(笑)。

                   カロリーナ、PGが面白く、使用曲からしても彼女のようにSpeedのあるSkaitngをする選手でないと使えないですね〜2分50秒があっという間でした。
                   3+3はセカンドJumpの着氷が微妙だったかもですし、細かいミスはありましたが、GPFがトリノで開催される以上(って現地には行きませんがイタリア代表がいないのは寂しいと思いますので)、彼女には是非NHK杯で優勝して欲しいところです。

                   サラ、2週間前のフランスでも観た『パッチアダムス』。PGがいいですね!
                   フランスでは調子があまりよくない中で上手く纏めてきた印象でしたが、今回はコンディションが良いのが伺えるほどミスする気配もなかったですし、優勝争いする中では安定感が1番光っていました(^^)。

                   美姫ちゃん、出かける前のメディアは「4回転成功」など絶好調な見出しが躍っていたようなのですが、ウォームアップを観ても本番を観ても調子が良いようにはとても思えず、演技も全体的にSpeedのない印象が拭えませんでした。
                   2年前の五輪代表選考時のようなプレッシャーを1人で背負わされたようなことを思い出すほどでもありましたが、観客の応援にも後押しされ、その中ではよく踏ん張り纏めてきたと思います。

                   女子も優勝争いが激戦になりそうですが、地上波で生中継して良かった展開でしたね(^^)。FSも是非そうなって欲しいです。
                   何せ今回は投げ物禁止にしているのは、競技進行を時間通りに生放映するためにも進行の妨げにならないようにしているからだと思えますので、投げ物がないのは寂しいけれども(って投げ物の予定は何もございませんが)、そこは協力していきたいですね。

                   幸い暖房も入っていますし、客席での飲食も今のところ禁止はされていません。
                   でも会場の入場時に荷物チェックがございますので!

                   



                  '07NHK杯・ペアFS後半

                  0
                     アメリカペア、プロコティエフとニノロタのロミジュリで細かいミスはあっても最後までスピードが落ちずに観てて気持ちの良い演技でした。男性の髪型が遠目に観ててマット・サボイにみえたかも(笑)。

                     ジェシカたちは大きなミスはなかったもののジェシカがウエイトオーバー気味な印象で全体的に動きが重かったです。

                     タチアナたち、タチアナはウォームアップでもミスをしないほどでしたが、本番は彼女が珍しくミスが続きリフトはタイミングが合わずに上がることが出来ず、ソロスピンもポジションが違うなど最初のミスで動揺したような。観てて(涙)でしたがモロゾフがむしろ踏ん張って男をあげました(^^;。

                     アリロビは、『シルクドソレイユ』からのナンバーで終始単調なリズムでのプログラムにいい意味でビックリ。出来としてはロシアと連戦の中では悪くなかったけれども成熟までもう少し時間が欲しいところかな。最後のスロージャンプが不発になってしまったのが呆気ないのも残念でした(涙)。

                    以上ウクライナ組の演技が色んな意味で印象に残りました。




                    '07NHK杯・ペアFS前半

                    0
                       ドミドミ、サントラだと思われるロミジュリでしたが、ジャンプをミスしたのは別にしても淡々とエレメンツをこなしている印象でした(泣)。

                       中国組はパイレーツでしたがリフトの上げ損ないなど男性がパートナーへの気遣いが出来てない印象でしたが、女性のポジションはキレイでしたね〜

                       親分子分、いえアナベルたちは『ドクトルジバコ』で前半はジャンプで転倒やシングルがありましたが、2回目のスロージャンプを決めてからは最後まで動きがグンと良くなりました(笑)




                      | 1/12PAGES | >>