AX

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

お小遣いやマイル稼ぎにmoppy

【電子マネー】
nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント

【ギフト券】
iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど


▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スケート観戦観賞の手配などに!








オススメ本

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

2017年台北ジュニアワールド観戦行動記2

0
    法式豬排


     ●3月15日(水)

     朝はフロントのあるロビーで無料のコーヒーを頂く。
     天気が良ければ開放感を存分に感じるロビーですが、外は雨こそ降ってないけどイマイチな天気。
     幸いお湯は頂けるのでお茶用に水筒に入れる。

     チェックアウト前に身軽に朝ご飯を食べに行こうかと思ったけど、競技開始までの時間があまりないので早々にチェックアウト。
     次のホテルに荷物を預けがてらチェックイン手続きを済ませて多少身軽にお目当てのお店へ。

     フレンチトーストやサンドイッチが美味しい屋台だったところが路面店となったMr.Lin'sへMRTで移動。

     客席数は多くはなかったけど、タイミングが良かったのかテーブル席が空いていたので、荷物でKeepしてからレジへ。

     法式豬排(フレンチトーストのようなパンに焼いた豚肉とレタスをサンド)を店内で、鮪魚三明治(ツナサンドイッチ)はテイクアウトでオーダー。
     チーズは10元で追加可能。
     三明治ってサンドイッチのことなのね:)。

     焼いた豚肉とシャキシャキとしたレタスとチーズが見事なコラボでパクッと平らげてしもうた。
     やや甘めのアイスティーと合いますのう。

    海老炒飯と野菜饅


     客席内での飲食禁止故にサンドイッチだけでは夕方の男子SP終了までお腹が持ちそうにないので、台北アリーナ近くのところのお店で蝦仁蛋炒飯(海老チャーハン)と菜肉大包(野菜饅頭)をランチ代わりに。
     小籠包が美味しい店ではあるけど、Aと合流してからでも遅くはないのと、このお店で海老チャーハンはまだ食べてなかったので。
     プリッとしたエビも見た目より多く美味しかったけど、意外にもボリュームがあったので、先のサンドイッチと食べ続けもあり少し残してしもうたm(_ _"m)。

     入場前にプログラムやらクリアファイルやら購入したけど、クリアファイルは100元もするのね。

     さすがに平日の初日は客席が埋まりそうにないけど、そのお陰で席は申し分ない位置をゲットできたのも確か。

     ●男子SP

     第1Gは大きなミスはなかったけど、このGからFS進出は残念ながらなさそう。。

     第2Gは最初のトルコのOKTAR選手が好印象。
     セカンドトリプルが最初に入ったこともだけど、まだJr.2年目ということで徐々に伸びていきそう。

     オージーのMINくんはメーテレ杯や横浜のJGPに出場して親近感がわいているけど、ジャンピングジャックでのSPは細かいミスが多くてFS進出が厳しいかも。

     第3Gは背骨くん(←衣装の背中から勝手に命名^^;;)ではなくメキシコのCARRILLOくんを横浜以来で観られて嬉しい。
     このG途中で無事にAと合流し、第4G内ではカナダのORZELくんが素敵な3Axelが入り、テクニカル的にはソツのない演技と良い意味でツッコミ満載。

     第5Gで友野くん登場♪
     3Axelが転倒したのは残念だったけれども、転倒以外は今季の中でも1番だったと思える演技。
     後はFS次第で上がれるはず。
     イラクリくんはメーテレ杯以来で楽しみにしていたけど、Jumpが嗚呼。
     TSAOくんはフィーリンググッドでFS進出には問題なく、地元故に大歓声(^^♪
     同じGの最後がエストニアのヌーリッツくんは3Axel転倒はあったけど、スケーティングが麗しい(^▽^)/

     第6Gには高志郎くん登場♪
     その前に演技だったノルウェーのソンドレくんはノーミス以上にクリーンのヒトコトに尽きるスケーティング。
     背筋をピンと伸ばした姿勢のSpin等爽快感がある(^▽^)/
     高志郎くんはAxelはダブルでもミスのない確実な演技。FSも楽しみ(^^♪
     ジュンファンは演技するのが楽しいと思われる出来栄えで、半年前に横浜で観た時よりも弾けていて好印象。
     アレクセイはショパンの別れの曲でスケーティングは麗しく、Jumpとガッツポーズは力強くてとロシアとアメリカのいいとこどりでも好印象:)。

     後2G残っているけど、個性豊かで只管楽しすぎる(^o^)/
     Jr男子SPにクワドJump厳禁は引き続き厳守プリーズm(__)m。
     どのカテゴリーでも最高得点よりベストパフォーマンスを観たいので、
     シニア男子SPもクワドJumpは1つのみ限定でも良いのです(切実)。
     
     第7Gは北米選手権な面子。
     2人目のヴィンスは横浜でノックアウトされた名作でしたが、80点を超えないのね(^^;;。
     まあ調子は良いようなのでFSに期待(^▽^)/。
     ニコラスとロマンのカナディアン男子も会心の出来栄えだったし、ミューズとPinaの曲を演技で耳にする機会が増えたのはジェレミーさんの影響があると勝手におもふ。

     ニューベリーくんはお初でしたが、資金難でJr.ワールド出場できるかどうかというのもあったけど何とかクリア出来て良かったし、観られて嬉しい(^O^)。
     演技を観る限りタイプは違うけど、一緒に練習したことがある磯崎くんとコンテンポラリー面で体幹的に似通うような。
     G最後のアンドリューくんはJumpが1Axelにコンボのセカンドが1T、3Loが転倒とFS進出が危ぶまれてと、このGからFS落ちは想定外。
     最終G前なのにもはやJr.と思えないハイレベルなGに驚愕。

     最終Gは前のGと打って変わってユーロ選手権な面子。
     ペトロフのSPは真央さんと同じリチュアルダンスで、衣装のズボンがJumpの着氷とうまい具合に膨らむのも含めてキッチリ決まってPB更新(^O^)。
     続いたアリエフ、サマリンも素晴らしい出来栄えでロシア3選手とも80点超えでPB更新と幸先の良いスタート。

     お初でLiveで観るサモヒンはJumpが嗚呼だったけど、SpinやStepでは流石でベースバリューが高いのは納得。
     出来栄えからして得点は日本の2人よりやや下かなと思ったらその通りでした(^^;。
     イタリアのリッゾくんは着氷がやや足りないかもだったけど大きなミスはなく、0.65点差で順位が続いていた高志郎くんと友野くんの相合傘な間に見事に割り込んだ結果、友野くんはFS前半、高志郎くんはFS後半での滑走が確定(^^;;。

     最後のフランスのKevinくんは練習着のような衣装に一瞬みえたけど、曲とマッチして足元は魅せていたなあ(^▽^)/
     昨年に続きFS最終G入りと、気づけば最終G中4人は昨年と同じ面子ですな(^^;;。

     それにしても神大会な男子SPであった。
     友野くんより上位はディダクション0で、GOEの減点はあってもミスがほぼない。
     アンドレイやカナダ2選手もミスらしいのはなかったのに最終Gに入れないって、ハイレベルの基準がわからなくなる(^^;;。

     逆に高志郎くんは本調子ではなさそうでも3Axel無で唯一のFS後半なのは素晴らしい限り。
     あとはクワドがなくてもスケーティングなどベーシックなところで魅せるSPが多くて、観ている方は大満足でした\(^o^)/\(^o^)/

    胡椒餅


     男子SP後はチェックインをする前にオフィホ近くのセルフな弁当屋へ観戦後に食べるモノを調達し、途中で毎回食べている胡椒餅購入を経てチェックイン。

     オープニングセレモニーはパスして胡椒餅と朝にテイクアウトしたサンドイッチを部屋内でブレイク(^^♪
     台北で胡椒餅を食べるとホッとするし、ツナサンドイッチはアツアツで食べた方が確実に美味しかったことでしょうが、冷めていてもそれなりに美味しく食べられた。

     ●ペアSP

     今季最初の国際ペア競技観戦となりましたが、年明けの大会でミニマムクリア出来たりくしょーの演技がダントツの注目。
     あとは16組出場→全組FS進出なので、悪い意味でハラハラしなくても良い。

     りくしょーのJr.ワールドの初舞台は東伏見や大阪で観た時以上に洗練されたミスサイゴンの演技にテンションが上がった\(^o^)/

     後半はロシアやカナダなどシニアでもペア競技が強いところが多いけど、ロシア2組程が乱れたような。
     ATAKHANOVA組は優勝候補の一角だったと思われますが、Liftが出来ずに愕然。
     Jumpは転倒しても回っている限り0にはならないけど、ペアSPでのLiftは1番の得点源で1回しか出来ないので抜けると致命傷。。。

     オージー組は女性がロシア出身でしたが、ロシアが逃がした魚は大きい印象(^^;;。
     カナダは今回は表彰台争いには加われそうにないけど、安心して観られるのがマル。
     中国組はそつなくミスなく切り抜けたかな?

     あっという間に1日の競技が終了し、コンビニでBeerを購入。

     部屋に戻る前に屋上まで行き、屋外のベランダから台北101が見えたので無理やりなレベルで撮影。
     最上階のベランダ側の部屋なら101が観られるかも。

     ベランダはないけど窓はある部屋内で晩餐(^^♪
     某飲料は明日の男子FS後に開栓しましょう!

    101